社員によって働く時間が異なる場合、勤務時間のテンプレートを作成し、社員に適用することができます。

『管理者設定』の中にある『勤務時間テンプレート』を選択します。


1.テンプレートを作成する
真ん中の列の上に『テンプレートを作成する』というボタンが用意されているので、そちらを選択し新しいテンプレートを作成します。

テンプレートでは、テンプレート名、所定労働時間、休憩時間を設定することができます。社内で複数の勤務時間を管理されている場合は、そのパターンをこちらに登録します。


2.作成したテンプレートを社員に適用する

『管理者設定』の中にある『社員の勤怠時間設定』から社員別にテンプレートを設定することができます。

テンプレートを設定したい社員を選択します。
※部署名の隣にある『<』をクリックするとその部署の社員一覧が表示されます

テンプレートは適用期間も設定できます。例えば今月だけ変則的な時間での勤務となる場合は、1ヶ月間の期間を設定します。設定した期間中に適用させるテンプレートを選択します。これで登録すると、その期間中は指定した勤務時間テンプレートの時間に沿って残業時間が集計されるようになります。


★テンプレートを設定していない社員の勤務時間設定はどうなるの?
テンプレートを設定していない社員は、『残業時間設定』で登録されている時間が自動で適用されます。


★ご注意ください!
こちらの機能は勤怠管理機能ではございません。あくまでも残業時間を集計するための機能となります。

回答が見つかりましたか?