園日誌のテンプレートを作成します。
※テンプレートの設定はパソコンから行うことができます。


1.園日誌のテンプレートが設定できる場所

黒いメニューバーの中にある、『設定』をクリックします。

設定』の中にある、『管理者設定』をクリックし、表示されるメニューの下の方にある『園日誌テンプレート』をクリックします。


2.園日誌のテンプレートを作成する

園日誌のテンプレートをクリックすると、テンプレートの作成画面が表示されます。※園日誌のテンプレートは1つしか設定できません。

園日誌のテンプレートは7つの入力項目を設定することができます。
 ①今日の予定(Googleカレンダーと連携ができる)
 ②欠席者数登録(縦軸、横軸の項目を自由に設定できる)
 ③業務連絡(職員日誌と連携ができる)
 ④~⑦フリーエリア(項目名、内容を自由に設定できる)


■各種内容のテンプレート設定

それぞれの項目に用意されている『開く』ボタンをクリックすると、内容のテンプレートを編集することができます。

あらかじめ表示させておきたい項目名や、タイトルを内容に入れておくと、園日誌を登録するときに表示されるようになります。

下図のように、教室の名前を入れておくと、園日誌で「今日の予定」を登録するときに、教室の名前が表示されるようになります。

内容の入力が完了したら、ページの下にある『登録ボタン』をクリックし、テンプレートを確定させます。

■表示順の変更

園日誌の項目は並び替えすることができます。『表示順』に表示させたい番号を入力し、『登録する』ボタンをクリックすると表示順が変更されます。
※表示順に同じ番号を入力すると、初期の並び順によって表示順が決められます


3.連携機能

■Googleカレンダー連携
「今日の予定」では、Googleカレンダーと連携することができます。連携することで、Googleカレンダーに登録されている行事予定などを今日の予定に取り込むことができるようになります。

今日の予定の中に用意されている、『Googleカレンダー取込ボタンを使用する』をクリックします。

◆事前にGoogleにログインしていた場合
ご利用中のインターネットブラウザでGoogleにログインしていると、ログインしているアカウントと連携されます。違うGoogleアカウントと連携させたい場合は、一度Googleをログアウトし、連携させたいカレンダーを持っているGoogleアカウントでログインします。

▼Googleにログイン済み(アイコンが表示されています)

▼Googleにログインしていない(ログインボタンが表示されています)


◆事前にGoogleにログインしていない場合
Googleカレンダー取込ボタンを使用する』をクリックすると、Googleのログイン画面が表示されます。連携させたいカレンダーを持っているGoogleアカウントでログインします。

ログイン後はカレンダーの選択ができるようになります。園日誌と連携させたいカレンダーを選択します。※1つのカレンダーとしか連携はできません!

■日報(職員日誌)との連携(後日バージョンアップ予定)
業務連絡の中に用意されている『日報総括の取込ボタンを使用する』にチェックを入れると、職員が登録した日報(職員日誌)の総括の内容が取り込みされるようになります。

※こちらの連携は、現在職員日報機能のバージョンアップ対応を行っているため、後日仕様が変更となります。

回答が見つかりましたか?